• ホーム
  • ED薬の副作用、軽度から重度まで紹介

ED薬の副作用、軽度から重度まで紹介

泣いている男性

ED治療薬を使う時に気になるのがその効果ですが、それ以外に副作用も気になる方が多いと思います。
ED治療薬の多くは日本では未承認で、保険が適用されません。
つまり自由診療の範囲でのみ処方されるということですが、それでも薬であることにかわりはありません。
薬効があるというのは、その一方で毒性もあるということです。
毒性により人体にとって害になるようであれば、それは副作用が出ているということです。
ED治療薬はどれも安全性が高く、ほとんど危険性はない薬と言われています。
しかし、服用するときの健康状態や飲み合わせによっては重度の副作用を起こしてしまう可能性もあるので気をつけましょう。
軽度の副作用として多いのが、顔のほてり、目の充血、頭痛、動機、鼻づまりなどです。
その他、消化不良のような副作用が出たという例もあります。
血圧に異常がある人の場合、それよりも重度の副作用が出てしまうこともあります。
血圧系の薬を服用している人は、必ず医師に相談してから使うようにしましょう。
これらは勃起を促すためにPDE-5という体内酵素を阻害することが原因で起こります。
PDE-5の働きを阻害することで、陰茎の平滑筋が弛緩して血行が良くなり、勃起を促すのですが、これにより血管拡張作用が起きて副作用が起きることがあります。
これがED治療薬の作用機序であるため、この点は回避することは出来ませんが、第三、第四のED治療薬と進歩するごとに、より副作用が少なく効果が得られるものが登場してきています。
特にザイデナは今までに起きた軽度の副作用も少ないと言われています。
ザイデナも保険適用がされない薬ですが、輸入代行業者などを通してまとめて買うと通常のザイデナの価格よりも安く入手することが可能です。